• トップページ
  • 吉川デンタルクリニックとは
  • 医院概要
    • 医院紹介・アクセス
    • 院長・スタッフ紹介
  • 症例・コラム
  • よくあるご質問
  • 診療予約はこちら

審美歯科治療について

包括的診療として審美歯科治療も行います

審美歯科治療は、単に歯や口元の美しさのみを追求するものではありません。京都市の歯医者「吉川デンタルクリニック」では、審美治療を行う際に咬み合わせなどの機能性を向上させたり、虫歯の根管治療(エンド・歯内治療)歯周病治療時に、希望する方へ高品質な審美素材をご提案したりと、包括的診療の一環として審美歯科治療を連携させています。

当院院長の吉川宏一は、日本審美歯科協会の厳正な審査に合格し、副会長・正会員(認定医)を務めており、近年登場しているさまざまな審美歯科素材の特性を理解しています。また、メタルフリー素材のご提案など、美と健康を兼ね備えたよりよい歯科診療をご提案しています。

審美歯科治療の症例はこちら

審美歯科治療とは?

審美歯科とは、歯の本来持つ審美性に焦点をあてた診療メニューです。保険診療で入れる金属の被せ物や歯科用プラスチックの詰め物・被せ物のデメリットを解消し、美しさだけでない機能面での向上を目指すことができます。

吉川デンタルクリニックの審美歯科の特徴

高品質な素材をご提案

当院では、長年審美素材を取り扱ってきた経験から、高品質な歯科素材をご提案可能です。天然歯に近い、自然な歯列の白さを実現します。

高い技術力で長持ち

どんなに素材の品質が高くても、取り扱うドクターの腕によっては、せっかくの素材の良さが活かせません。当院では、高度な歯科治療技術でご満足いただける審美歯科治療をご提供できます。

機能面での改善が可能

品質の良い歯科素材を使用することで、お口の機能面での改善も期待できます。歯が本来の持つべき大切な役目を存分に果たせるよう、咬み合わせにも配慮した処置を行います。

10年間完全保証

吉川デンタルクリニックでは、セラミックの補綴(ほてつ)物には10年保証、ハイブリッド補綴物には7年の保証をお付けしてます。この保証は、開業以来ずっと患者さんにお約束している当院のポリシーともいえるものです。

世界的に著名な歯科技工士と連携

吉川デンタルクリニックでは、高品質な審美歯科素材を、国際的にも著名な歯科技工士へ加工・製作依頼しています。歯科先進国である英米各国の大学歯学部からも招聘を受け特別講演や研究発表を行う歯科技工士は、当クリニックへよりよい審美歯科の在り方について示唆を与えてくれる存在でもあります。患者さんへ高品質な審美歯科サービスをお届けするためにも、今後も切磋琢磨しあえる関係でありたいと願っています。

技工士の紹介

メタルフリー治療のすすめ

メタルフリーとは、文字通り、メタル(金属)を使わない歯科診療を指します。具体的には、いわゆる銀歯による金属アレルギーのリスクを低減するために、歯科素材に金属を使わない治療です。銀歯は見た目に悪いだけではありません。過酷な環境である口腔内で酸化・腐食を起こし、経年劣化してしまうのです。銀歯から溶け出した金属イオンは歯ぐきに黒ずみを作ることもあれば、お口の中にとどまらず全身を巡ってしまいます。実際に、金属アレルギーのテストで、お口の中の銀歯がアレルギー要因となっているケースは少なくないのです。

もし、これまでに、原因不明のかゆみやかぶれ、体調不良などのアレルギー症状でお困りなら、お口の中の銀歯を疑ってみることも大切です。当院では、安全性(生体親和性)と審美性を兼ね備えた歯科素材がご提案可能です。メタルフリー治療にご興味をお持ちの方は、一度当院へご相談ください。

審美歯科治療メニュー

当院がご用意している審美歯科素材や審美メニューには次のようなものがあります。

オールセラミック(インレー・クラウン)

素材のすべてがセラミック(陶器)でできています。透明感のある天然歯のような白さがあり、周囲の歯に合わせて色調の調整も可能です。

ハイブリッドセラミック(インレー・クラウン)

オールセラミックの硬すぎる問題を解決するため、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を掛けあわせた素材。粘り気があるため、咬み合う歯を傷つけることがありません。

メタルボンド

内側に金属を配し、表面にセラミックを焼き付けた被せ物・差し歯です。強度はありますが、金属が経年劣化し、さまざまなトラブルの原因となります。

セラミックブリッジ

歯を失った両隣に橋をかけるように人工歯を取り付けるブリッジ。高品質なセラミックを使ったブリッジなら、保険適用の素材よりも自然な美しさが実現します。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミック製の板を貼り付ける方法です。ホワイトニングで白くならなかった歯を白いものへと変えることができます。多少の形の修正なども可能。

ホワイトニング

薬剤を使って、歯を白くする方法。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で取り組むホームホワイトニングの2種類があります。

歯肉漂白

歯ぐきの黒ずみを、専用の薬剤で漂白する方法。即効性があり、数日で健康なピンク色の歯ぐきに戻ります。

矯正治療

乱れた歯並びを正しい位置へ導く治療法。見た目に歯並びを美しくするだけでなく、歯の清掃性を高めてお口の病気を遠ざけることもメリットです。よく噛める歯にすることで消化器への負担を軽減、容貌のコンプレックスや発音障害なども解消できます。

審美歯科治療についてのよくある質問はこちら

院長 吉川宏一は日本審美歯科協会の副会長・認定医です日本審美歯科協会

院長 吉川宏一は日本顎咬合学会の指導医も務めています日本顎咬合学会

TO PAGE TOP