• トップページ
  • 吉川デンタルクリニックとは
  • 医院概要
    • 医院紹介・アクセス
    • 院長・スタッフ紹介
  • 症例・コラム
  • よくあるご質問
  • 診療予約はこちら

根管治療(エンド)について

  • ホーム
  • 根管治療(エンド)について

エンド(根管治療・歯内治療)には
高度なテクニックが必要です

虫歯が重症化した際に行う処置がエンド(根管治療・歯内治療)です。一般に「神経を取る」などと説明されることもあり、経験された方も多いと思いますが、決して簡単な治療ではありません。抜歯を避けるためのエンドは、失敗すると再治療が必要となり、抜歯せざるを得ないことにもつながるのです。そのため、できるだけ初回のエンドを完璧に行うことが重要になってきます。

京都市の歯医者「吉川デンタルクリニック」には、エンド(根管治療・歯内治療)において、確かな技術力と豊富な症例実績があります。当院院長 吉川宏一は、歯科スペシャリストのためのスタディグループ(学会)「JIADS」のエンドコースや、自ら起ち上げた「yes」などの講師を務め、その技術力の高さには定評があります。エンドに関するご質問やお困りごとにはしっかりお応えできますので、お気軽に当院へご相談ください。

エンド(根管治療・歯内治療)とは?

エンド(根管治療・歯内治療)は、歯の内部から、虫歯に汚染された歯質や歯髄(血管や神経)を取り除き、内部を消毒して密封する治療法です。この治療法が確立されたおかげで、かつては抜歯せざるを得なかった歯でも、天然歯の根っこ(歯根)を残し、歯列が乱れるのを防ぐことが可能となったのです。

エンド(根管治療・歯内治療)が必要な歯

歯の内側に虫歯が広がっている状態です。歯へ栄養分を運ぶ血管や神経などを含む「歯髄」も虫歯に汚染されています。そのため、激しい痛みを感じることがほとんど。神経が死ぬと痛みは感じなくなりますが、放置すると、歯の根っこの先で膿み、さらに激しい痛みに襲われるようになります。

1 感染根管処置

まずは、死んでしまった歯髄組織と細菌に汚染された歯質を丁寧に取り除きます。ファイルやリーマーと呼ばれる器具を使って、取り残しのないよう清掃します。

2 根管充填

根管内部から汚染物質を取り除いた後は、内部の空洞へ、「根管充填材(こんかんじゅうてんざい)」を隙間なく詰めます。根管充填材にはガッターパーチャーや糊剤などがあります。隙間なく、緊密に、根尖(根っこの先)までしっかりと充填します。

3 支台築造

大きく削った歯冠(歯ぐきから出ている歯質)を補うためには、人工の冠(クラウン)をかぶせます。しかし、このままでは強度が弱いため、支台(土台・コア・芯)を立てる処置を行います。これが支台築造(しだいちくぞう)です。

4 歯冠形成・合着

支台築造の後は、冠(クラウン)を被せるために、歯質と築造体を削って、形をえます。歯冠形成(しかんけいせい)を行った後は、歯型を採って、歯科技工所へ冠の製作を依頼します。

完成した冠(クラウン)を、特殊な接着剤(歯科用セメント)で支台に取り付けます。これを合着(ごうちゃく)と呼びます。最終的に、装着後の咬み合わせの微調整を行いながら、お口全体のバランスを整えて完了です。

マイクロスコープについて

根管内部は非常に狭く暗いため、エンドはこれまで歯科医師の経験や勘に頼る部分が大きかったのが実情です。しかし、近年は技術の発達によって、術野を数十倍にまで拡大して見ることができる「マイクロスコープ」が登場しています。病巣を目視だけで確認するのではなく、拡大して細部までしっかり見ることで、より成功率の高いエンドを実現することが可能となっています。

当院では、最大20に患部を拡大して見ることができるマイクロスコープを導入しています。歯科医師の技術力を補い、より高精度の治療を実現するため、マイクロスコープは欠かせない存在といえます。

根管治療についてのよくある質問はこちら

院長 吉川宏一はJIADSエンドコースの講師を務めていますJIADSエンドコース

院長 吉川宏一が主催するスタディグループ歯内療法(エンド)のスタディグループ「yes」

TO PAGE TOP