• トップページ
  • 吉川デンタルクリニックとは
  • 医院概要
    • 医院紹介・アクセス
    • 院長・スタッフ紹介
  • 症例・コラム
  • よくあるご質問
  • 診療予約はこちら

インプラント治療について

  • ホーム
  • インプラント治療について

高度な技術による安心のインプラント治療

歯を失ってしまった時に歯の機能を回復させる治療法として、新しく登場した「インプラント」が注目を集めています。インプラントを手がける歯科医院は増えてきていますが、実際のところ、豊富な臨床例や経験を積み重ね、高い技術力を持つドクターはまだ数えるほどではないかというのが、私たちの実感です。

京都市の歯医者「吉川デンタルクリニック」では、院長 吉川宏一がインプラント治療に携わり、これまで数多くの臨床例を経験してまいりました。豊富な実績から導き出された技術・知識には定評があり、日本臨床歯周病学会の日本臨床歯周病学会インプラント指導医に認定されています。安心してインプラント治療を受けられる歯科医院をお探しなら、京都市の歯医者「吉川デンタルクリニック」へお気軽にご相談ください。

インプラント治療の症例はこちら

インプラント治療とは?

インプラント治療は、歯を失ったときに行う補綴(ほてつ)治療のひとつで、従来の入れ歯やブリッジといった治療法にはない魅力を持ちます。

具体的な治療内容としては、歯を失った顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を取り付けます。人工歯根は、骨との結合がよいチタンという金属でできていますので、顎の骨と一体化し、まるで自分の歯と同じような噛み心地がよみがえります。見た目にも天然歯と遜色のない仕上がりが得られ、機能性・審美性を兼ね備えています。インプラントは、乳歯・永久歯に次ぐ、第三の永久歯とも呼ばれているのです。

当院のインプラント治療の特徴

完全10年保証

当院が行うインプラント治療には、完全10年保証をお付けしています。通常の日常生活を送っていて起こったトラブルに関しては、無償で修復・治療をいたします。

高い技術力

インプラント治療でもっとも慎重さが求められる外科手術は、経験豊富な院長が手がけます。他院のドクターが見学に来るほどの高い技術力で、確実な埋入を実現します。

長持ちする

当院のインプラント治療は長持ちすると定評があります。実際、定期検診を継続して受けている患者さんには、脱落や破損といったトラブルはほとんど起こっていません。

高い機能性の回復

インプラント治療の最大の魅力が、自分の歯のような感覚で噛めるという「機能性」の回復です。当院では、咬み合わせにも配慮した精度の高い治療をご提供しています。

優れた歯科素材の採用

人工歯は、患者さんの残っている歯と違和感のないよう、色・形までしっかり調整します。素材品質が高いだけでなく、ハイレベルな技術を持つ歯科技工士が手がけますので、より見た目のよいインプラント治療が実現します。

患者さん目線で選ぶ、信頼できるインプラント

現在、世界には数多くのインプラントメーカーがあり、その数は数百社にもなります。精密で高品質なインプラント治療をご提供する京都市「吉川デンタルクリニック」では、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、数多くあるインプラントメーカーの中でも、特に信頼性の高い「ストローマンインプラント」と「ザイブインプラントシステム」を採用しています。

ストローマンインプラント

ストローマン社は、スイスの老舗インプラントメーカーのひとつ。高度な研究から開発されたインプラントは、業界でも先駆的存在で、全世界で広く支持を集めています。

ストローマンインプラントの特徴

治療期間が短い 安全性が高い 歴史と実績がある
独自に開発された「SLA」は特殊な表面性状で、細かな凸凹を持ちます。人工歯根と骨との結合を早め、最短で6週間での結合も可能となっています。 採用されている純チタンはグレード4:ISO規格5832/IIと非常に高品質。強度ばかりか、応力分散構造によって、骨への一定刺激も実現しています。 1974年に開発が始まって以来、世界40カ国で採用されている実績があります。
ストローマンのSLActive

当院で採用しているストローマンインプラントのひとつに、「SLActiveがあります。特殊な表面性状を持ち、同社製「SLA」よりも、さらに迅速なオッセオインテグレーション(骨とチタンとの直接結合)を実現します。治癒期間は早ければ3~4週間。治療の初期段階における骨添加・骨再生の促進が見られ、この時期に起こりがちな脱落や欠損の予知性が高く、トラブルの発生を抑えられます。3年後の生存率も96.7%という優れた結果を持ち、高い安全性を誇るインプラント体(人工歯根)です。

straumann

ザイブインプラントシステム

ドイツ「フリアデント社」による、2004年に登場した最新のインプラントがザイブインプラントです。従来のインプラントが抱えていたさまざまな課題が改善されており、次代を担うインプラントとして業界の関心を集めています。

XiVE

ザイブインプラントの特徴

治療期間が短い 審美性が高い 規格バリエーションが豊富
ザイブインプラントの特徴は最新の表面性状「PLUS」に集約されます。微細な凸凹は、インプラントと骨の結合を早めます。 インプラントと人工歯をつなぐアバットメント部に、高硬度のセラミック素材「ジルコニア」を採用。一般的な金属アバットメントの、セラミック歯の透明感を損なう問題を解消しています。 ザイブインプラントのインプラント体の規格は、直径・長さともに豊富なバリエーションを持ちます。このことから、骨量に応じて、最適なものを選べば、手術なしでの埋入も不可能ではありません。

当院のインプラント治療の流れ

カウンセリング
インプラント治療をご希望の方に、ご要望をうかがうカウンセリングや治療に関するご説明をします。当院では、ドクターだけでなく、クリニカルコーディネーターによるきめ細やかなカウンセリングも行っております。
口腔内データ取得
口腔内の状態を視診・触診で確認します。その後、口腔内写真撮影・レントゲン撮影・歯周病検査を行い、インプラント治療が可能かどうか、また注意が必要な点がないかチェックします。
CT撮影

インプラント治療を行う際には、通常の診査・検査以上に詳細なデータ取得が必要となります。CT撮影はその中でも重要な精密検査です。顎の骨の状態を立体的に撮影し、デジタルデータとしてコンピュータに取り込みます。

CT画像の分析・診断

コンピュータに取り込まれたCT画像から、顎の骨・歯の状態、血管・神経の位置を入念に確認します。また、STEP2で得た口腔内データと合わせて、インプラント治療が患者さんにとって最善の治療であるか分析・診断いたします。コンピュータの専用ソフトで、データから3次元画像を構築し、埋入手術を行う際のシミュレーションも行い、より安全で正確な治療を実現するための治療計画を立案します。

コンサルテーション(患者さんへのご説明)

STEP4で立案した治療計画を、患者さんへご説明いたします。当院ではプライバシーに配慮し、専用の個室カウンセリングルームをご用意しています。不明な点や気になることがありましたら、遠慮なくおたずねください。わかりやすくご説明いたします。治療主体である患者さんに、しっかり内容をご理解・ご納得していただき、同意を得てから治療を開始いたします。

オペ準備

インプラント治療に必要な外科手術の準備を行います。手術環境の衛生管理は、一般の診療室以上に徹底しています。院内感染防止のためにも、滅菌処理を施した器具は滅菌パックで保管し、使用直前に開封します。手術用の手袋、患者さんのエプロンや手術専用ガウン、紙コップなどは可能なかぎりディスポーザブル製品(使い捨て製品)を採用しています。

オペ打ち合わせ

担当医師はじめ、治療に関わるすべてのスタッフが最終確認を行います。

治療開始

インプラント治療の手順は、症例や採用する手法、インプラント体によって異なりますが、一般的に次のような流れとなります。

麻酔 切開・穿孔 埋入
処置時の痛みを感じさせないために、麻酔を施します。 歯ぐきを切開し、専用ドリルでインプラント体を埋入する孔を開けます。このとき、正確を期するため、位置・角度・深さをあらかじめ設定した「インディケーター」というガイドを用います。 インプラント体(人工歯根)を埋入します。麻酔が効いていますので、痛みもありませんし、出血もさほどありません。埋入後は、切開した歯肉を縫合します。
治癒期間
インプラントと顎の骨が結合するのを待つ治癒期間を設けます。
アバットメント装着・人工歯装着

インプラントと顎の骨の結合が確認できたら、歯ぐきを再度切開し、人工歯との連結部分となるアバットメントを装着します。数週間のち、アバットメント周辺の歯肉の治癒を確認し、問題がなければ上部に人工歯を装着して完成です。

※インプラント治療の手法によっては、手順が省略・短縮されるケースもあります。

メインテナンス・定期検診
インプラント治療後は、インプラント周囲炎という歯周病に似たトラブルを発症しやすくなります。放置して進行するとインプラントの脱落にもつながるため、メインテナンスや定期検診を受けていただく必要があります。

他院からのリカバリにも対応

インプラント治療実績が豊富な京都市の「吉川デンタルクリニック」では、その高い技術力から、他院で行われたインプラント治療のリカバリ(修復)も行っています。脱落や損傷、治療で生じた歯周組織のトラブルでお困りでしたら、当院へ一度ご相談ください。

当院のインプラント保証について

京都市の歯医者「吉川デンタルクリニックでは、当院が行ったインプラント治療について10年間の保証をお付けしています。ただし、対象となる方が半年に1回の定期検診を継続して受けられていることが条件です。治療後10年間のうち、破損や脱落などの不具合が起こった場合は、無償で修理・再装着・再製作を行います。このシステムは1983年の開院以来ずっと行っており、下記のような治療保証書をお渡ししています。

ご注意ください!無料保証が効かないケースがあります
  1. 患者さんの不注意や不慮の事故が原因の不具合(当院の責任でない)ケース
  2. 診療時に予期できなかった口腔状態の変化が原因のケース
  3. 当院の指示どおりのケアや使用方法を怠ったケース
  4. ナイトガード装着の指示があったにもかかわらず、守っていただけなかったケース

インプラントについてのよくある質問はこちら

当院院長は日本臨床歯周病学会インプラント指導医に認定されていいます日本臨床歯周病学会

TO PAGE TOP