• トップページ
  • 吉川デンタルクリニックとは
  • 医院概要
    • 医院紹介・アクセス
    • 院長・スタッフ紹介
  • 症例・コラム
  • よくあるご質問
  • 診療予約はこちら

歯周病治療について

歯周病の難症例・再生療法にも対応しています

歯周病はプラーク(歯垢)内に生息する歯周病菌が原因の感染症です。歯周病は、歯ぐきに炎症を引き起こすだけでなく、進行すると顎の骨まで溶かし、最終的には歯が抜け落ちることもあります。成人の約8割が罹患していると考えられており、さらに、日本人が歯を失う理由第一位の病気であることからも、歯周病には注意が必要です。

そのため、成人であるなら誰しも歯周病を発症するリスクがあるため、皆さんには予防に努めていただきたいと考えています。

京都市の歯医者「吉川デンタルクリニック」では、重症化した歯周病、難症例、再生療法にも対応可能な歯科医院です。院長 吉川宏一は、日本臨床歯周病学会の認定指導医であり、後進の指導にあたる高い見識と技術を持っています。ひどい歯周病でお困りの方、また、将来のトラブルを回避する適切な歯周病コントロールを行いたい方は、当院へぜひご相談ください。

重症化した歯周病治療の症例をご紹介します歯周病長期症例について

歯周病治療には患者さんの主体性が不可欠です

進行した歯周病から健康なお口へと導くためには、歯科医師や歯科衛生士などの専門家の努力だけでは成り立ちません。どんなに高レベルの専門的治療を施しても、患者さん自身が毎日行うセルフケア(ブラッシングなどによるプラークコントロール)が十分でないと、なかなかよくならないのです。

歯周病は細菌によるお口の病気です。治療後も、ケアを怠ると再発してしまいます。「LONGEVITY=永続性」ある診療を目指す当院では、治療後のメインテナンス体制も充実させ、患者さんのケアをしっかりサポートいたします。良好なお口の状態を長くキープするためにも、ぜひご活用ください。

歯周病の進行状態

歯周病はひどくならないと自覚症状が出ない病気です。そのため、気がついた時には重症化しているケースが多いのです。また、細菌性の病気ですので、免疫力との密接な関連があり、疲労や加齢、生活環境の変化などで免疫力が低下すると、急速に進行してしまうことがあります。

※歯周病の進行具合は歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを目安に診査されます。

健康な状態 初期歯周病 中等度歯周病 重度歯周病
健康な歯茎 歯肉炎 軽度歯周炎 重度歯周炎
歯周ポケットの深さ
3mm以下
歯周ポケットの深さ
3mm以下
歯周ポケットの深さ
4~6mm
歯周ポケットの深さ
6mm以上
毎日のブラッシングをしっかり行い、半年に1回程度の定期検診を受けるとさらに良い状態が保てます。 歯ぐきに赤い腫れ等が見られます。歯科医院で適切なブラッシング方法を教わり、実践していきましょう。 口臭や出血、膿が出たり、歯や歯ぐきに違和感があったりと自覚症状が出始めます。歯石が目立ってみえるようになります。歯石除去など処置が必要。 歯にグラつきや鈍い痛み等が出始めています。食事に支障をきたすことも。歯が抜け落ちるリスクが高まっています。外科的処置などが必要。

当院の歯周病治療

歯周病治療の基本は、歯周病菌をお口の中から減らすことにあります。つまりプラークコントロールが重要なのです。プラークが石灰化した歯石は、プラークの付着を早めるためしっかり取り除いておく必要があります。また、歯石はブラッシングでは落とせないため、専門家の手で取り除かなくてはなりません。少しでも気になる症状があるなら、お早めにご相談ください。

吉川デンタルクリニックでは、重症化した歯周病の治療において、主に次の治療を採用しています。いずれも、歯周病に冒された歯肉や歯槽骨(顎の骨)から、汚染物質を除去した後、骨を再生する時に行う処置です。場合によっては、麻酔を施し歯ぐきを切開して汚れをしっかり取り除きます。

骨再生治療

骨再生治療時に重要となるのが、骨の再生を促すと同時に、骨よりも早く回復する歯肉の侵入を防ぐことにあります。

GTR法
歯肉の侵入を防ぎながら骨再生を促すために「メンブレン」という膜を設置します。比較的広範囲の歯周組織の再生を促す場合でも対応できる方法です。再生が確認できたら、設置した膜を回収するための処置が必要です。
エムドゲイン
エムドゲインゲルという薬剤を設置して、歯肉の侵入を防ぎながら骨再生を促します。もともと人体にも備わったタンパク質「エナメルマトリックスデリバティブ」が主成分の安全性の高い素材で、治療後、薬剤は体内に吸収されます。

エムドゲインの治療の流れ
  • Step1 歯周ポケットの測定
  • Step2 歯肉の切開
  • Step3 歯肉の剥離
  • Step4 歯根表面の清掃
  • Step5 エムドゲイン・ゲルの塗布
  • Step6 縫合
歯周外科手術

歯周外科治療は、歯肉を切開して行う治療です。歯周ポケット内部深くまで歯石やプラークが付着し、汚染範囲が広い場合に行います。麻酔を施し、歯肉を切開・剥離させ、歯根表面の清掃を行います。エムドゲインゲルもしくはメンブレンを設置したのち、切開した部分を縫合して完了です。手術自体は1時間ほどで終了しますが、2~6週間後に抜糸する必要があります。

歯周外科手術を受けた後の注意点

  • 患部は歯ブラシでみがいたり、デンタルフロスで触れたりしない
  • 患部を指や舌で触らない
  • 術後3~6週間は消毒薬で洗口を続ける
  • 定期検診を受ける
  • 専門の歯面清掃(クリーニング)を受ける

歯周病治療には時間がかかります

症状や進行具合によって異なりますが、歯周病治療には、数ヶ月から1年ほどかかるのが一般的です。十分に回復できるまで根気強く治療を受けましょう。また、治療後もセルフケアを入念にし、アフターメインテナンスのために定期検診を受けるようにしましょう。

歯周病治療についてのよくある質問はこちら

重症化した歯周病治療の症例をご紹介します歯周病長期症例について

当院院長は日本臨床歯周病学会の指導医です日本臨床歯周病学会

TO PAGE TOP