• トップページ
  • 吉川デンタルクリニックとは
  • 医院概要
    • 医院紹介・アクセス
    • 院長・スタッフ紹介
  • 症例・コラム
  • よくあるご質問
  • 診療予約はこちら

診療の流れ
~カウンセリングから治療まで~

  • ホーム
  • 診療の流れ~カウンセリングから治療まで~

吉川デンタルクリニックの診療の流れ

京都市の歯医者「吉川デンタルクリニック」は、虫歯治療のエンド(根管治療)歯周病治療インプラント審美歯科治療入れ歯治療などさまざまなお口のトラブルに対応した診療を行っている歯科医院です。ここでは、誰もがかかっている可能性がある歯周病治療を例に、診療の流れをご紹介します。

治療前の流れ

初診時の問診・カウンセリング

初めてご来院の際は、患者さんからお口のお悩みごとやご要望をしっかりうかがうカウンセリングを行います。次のような内容をおたずねいたしますので、事前にご相談事項をまとめておいていただくとスムーズです。

当院では、医療コミュニケーションの専門家であるクリニカルコーディネーターがカウンセリングを担当し、必要な内容を歯科医師に的確に伝えます。何でも気になることは遠慮なくお伝えください。

※腫れや出血・痛みなどの応急処置が必要な場合はそちらを先に行います。

問診・カウンセリングでおたずねする内容

  • 現在お口に起こっているトラブルや
    お悩み
  • 口腔内や全身の健康状態
  • 全身の既往症
  • 治療についてのご希望
  • 治療中の全身疾患や服用しているお薬
  • 歯科の既往症
診査・検査(データ採取)

クリニカルコーディネーターから情報を引き継いだ歯科医師が視診・触診などの診査により、お口の中の様子を拝見します。その後、必要に応じて、お口全体のレントゲン撮影や口腔内写真の撮影、歯周基本検査を行います。詳細なデータが診査に役立ちますので、少々時間がかかりますが、がんばりましょう。

データ採取例:フルマウスレントゲン(10枚法・咬翼法2枚)

歯の状態を1本ずつ詳しく見るため、小さいフィルムで撮影します。こちらの例では、患者さんが訴えていた通り、上顎前歯と左上7番に骨吸収が見られます。また、全体的に水平性の骨吸収も見られるため、中等度歯周炎から重度歯周炎と診断されます。

データ採取例:口腔内写真6枚

口腔内写真は、正面・左右・上下の6枚を撮影します。
こちらの例では、所々に膿瘍が見られます。

データ採取例】歯周基本検査

各歯の歯周ポケットの深さを測定し、動揺度も数値化して記録します。

診断チャートの作成

採取したデータを基に、ドクターが診断し、診断チャートを作成します。この診断から、最適と思われる治療プランをいくつか立案し、患者さんへご提案します。カウンセリングで得られた情報とともに、診療に携わるスタッフと共有し、よりよい治療体制の準備を行います。

診断チャート例

虫歯と歯周病に分けて、それぞれの進行段階を記入しています。ケースによって、補綴(ほてつ)指示やオペの種類を記入するなど、ひと目でわかるチャートになっています。

インフォームドコンセント(説明と同意)

専用の個室にて、1時間ほどじっくり時間をかけて、クリニカルコーディネーターが複数の治療プランについてご説明します。治療期間や費用についてもご提示しますので、相談しながら、患者さんにとってベストな治療プランを一緒に決めてまいりましょう。わかりやすい説明をいたしますので、不明点・疑問点などありましたら、どんな些細なことでも結構ですのでお気軽におたずねください。

治療プランの決定

患者さんがご納得のうえで、お選びになった治療プランにもとづいて、治療計画書・治療契約書を作成します。

  • 治療計画書イメージ
  • 治療契約書イメージ
初期治療

歯科衛生士が、患者さんに関するデータ(治療に対する姿勢・普段行っているデンタルケアやこれまでに受けた歯科治療の内容等)を経過表に記録してまいります。

初期治療では、歯周病の基本治療でもあるSRP(スケーリング・ルートプレーニング)による歯石除去や、ブラッシング指導などの衛生処理を行います。当院では担当衛生士制を採用しており、患者さん一人につき一人の歯科衛生士が責任を持ってお口の健康管理をサポートいたします。

衛生士経過表例

治療開始後の流れ

術前の説明

担当歯科衛生士が、これから行う歯周外科処置について、その目的・所要時間・術後に起こりうる症状などをお伝えします。わからないことや気になることがありましたら、不安が解消できるまで遠慮なくおたずねください。患者さんのデータは、歯科医師・歯科衛生士・アシスタント・クリニカルコーディネーターなど、診療に携わるすべてのスタッフで共有しますが、プライバシーは厳守いたしますので、ご安心ください。

歯周外科処置

術前・術中には、時折お声がけをいたします。患者さんの緊張をほぐすことを第一に、コミュニケーションを重視していますので、何か気になることなどありましたら、いつでもお伝えください。

症例

  • Aさんの右上56APFの写真です。

  • フラップを開け、SRPと骨整形を行い、

  • フラップを根先側に移動し、縫合しました。

※画像はクリックで拡大します

レントゲン写真で術前・術後を比較すると、術前6番遠心にあった大きな骨欠損が術後には安定していることが確認できます。


  • 治療前

  • 治療後

※画像はクリックで拡大します

術後の説明

術後は、担当アシスタントが、服用いただくお薬やお手入れ方法などをご説明します。患部に腫れや痛みなどがある場合に備え、保冷剤やガーゼ、マスクなどもご用意しております。

治療中・処置後のメインテナンス

術後は経過観察のため、1~2週間おきにご来院いただきます。毎回PMTC(歯のクリーニング)を行い、ご自分で行うブラッシングでは落としきれない汚れを取り除き、プラークコントロールをサポートいたします。その後、歯科医師と歯科衛生士によるダブルチェックで、治癒状態に合った洗口・ブラッシングなどの方法をアドバイス。歯の動揺や知覚過敏などの症状があるようなら、適宜それらの対応をいたします。

補綴物のセット

ケースによっては、補綴(ほてつ)物を作成し、歯に装着することになります。歯周外科処置では、動揺固定を目的としてフルブリッジのメタルボンドを作成するケースがあります。

症例

※画像はクリックで拡大します

最終補綴物が完成した状態です。動揺固定を目的として、上顎は6番~6番までのフルブリッジメタルボンドになりました。すべてのAPF終了後、治癒を待ち、歯肉が改善した状態で形成、印象をしています。


  • 治療前

  • 治療後

※画像はクリックで拡大します

治療完了後からお口の健康管理が始まります診療の流れ~メインテナンスについて~

TO PAGE TOP